プラザタワー勝どき

ここでは山手線南東部エリアで人気の高級賃貸マンション「プラザタワー勝どき」の物件情報を紹介しています。物件を訪問して内見もしていますので、興味ある方はご一読ください!

⇒「プラザタワー勝どきの内覧日記」

プラザタワー勝どきの眺望プラザタワー勝どきからの眺望

プラザタワー勝どきの概要や特徴

プラザタワー勝どきの外観

プラザタワー勝どきの外観

プラザタワー勝どきは、「全方位に歓び。勝どきでしか生まれない上質の時間と空間」をコンセプトにした、中央区勝どきに建つタワーマンションです。

勝鬨橋や晴海トリトンスクエアに程近く、コンパクトなエリアに古き良き文化財から現代の高層オフィスが同居する地域となっています。

プラザタワー勝どきのエントランス

エントランス

マンション構造/耐震性など

2004年2月に竣工、地上43階、地下1建ての高層タワーマンションです。鉄筋コンクリート造となっており、免震性・制震性に優れたマンションとなっています。

間取りのタイプと賃貸料の目安

プラザタワー勝どきは全512戸あり、1LDK~3SLDKの間取りが用意されています。専有面積は40.31平米~99.00平米。全室内廊下となっているので、気候や環境に左右されずマンション内を移動することができます。

賃貸料 145,000円~475,000円
管理費 16,000円~28,000円

プラザタワー勝どきの共用ロビープラザタワー勝どきの展望ルームプラザタワー勝どきの化粧室
左から、共用のロビー、共用の展望ルーム、化粧室

プラザタワー勝どきのリビング一例プラザタワー勝どきの主寝室一例プラザタワー勝どきのキッチン
左から、LDK、洋室、キッチンの一例

共用施設/駐車場の有無など

共用施設 ラウンジ
宅配ボックス
トランクルーム
駐車場 駐車場 21,600円~/月
駐輪場

所在地/最寄駅など

住所 東京都中央区勝どき1-13-6
アクセス 都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅徒歩3分
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島」駅徒歩12分

周辺環境

月島もんじゃストリート、ららぽーと豊洲、築地、銀座などが徒歩自転車圏内となっています。文化財である勝鬨橋や、築地市場は移転前後も楽しむことができます。

プラザタワー勝どきの住み心地、口コミ紹介

勝どきエリアは月島や築地、銀座に出やすいので、ショッピングに出かけやすい場所です。毎日の買い物も、マンションのすぐ近くにスーパーや銀行、ドラッグストアがあるので、住環境がとても良いマンションだと思います。

プラザタワー勝どきは、インターネット使用にかかる費用がかかりません。加えて礼金も発生しないので、引っ越しにかかる初期費用が抑えられます。勝どきエリアは良いマンションが揃っていますが、このようなコスト面で魅力がある場所はあまりなく希少性が高い住居だと想います。

大きい車でも問題なく駐車ができることが決め手となりました。一般的な駐車場ではやや狭く感じてしまうサイズの車に乗っていますが、毎日使う場所だからこそ駐車場に魅力を感じました。もし、良い駐車場がなければ遠くの駐車場をわざわざ借りなければならない状況だっただけに、とても満足しています。

プラザタワー勝どきの内覧日記

勝どき駅からほど近い「プラザタワー勝どき」を見学してきました。

駅近&晴海通りに面した勝手の良い立地

都営・大江戸線の「勝どき駅」を降りると、高層マンションの立ち並ぶ光景にビックリします。ちょうど隅田川が東京湾に流れ込む位置にあるので、ほのかに潮の香りも漂っている、そんな旧くて新しいエリアに「プラザタワー勝どき」はあります。

晴海通りに面した「プラザタワー勝どき」の入り口

「勝どき駅」から徒歩2分、晴海通りからすぐ

晴海通り側からエントランスに向かい、1階のテナントを横目に歩いていくと、開放感のある一面がガラスの、最初の入り口が目に入ります。その入り口は誰でも入れますが、左手にある居住者用のドアは、もちろんオートロックが備わっています。

不動産会社の担当の方に開けていただき、さっそく見学開始です。

「プラザタワー勝どき」のコンシェルジュボックスとロビー

コンシェルジュボックスの右手に見えるのがAED

玄関ホールで目に付いたのは、AEDを備えたコンシェルジュボックス。オートロックの自動ドアに面しているので、不審者の侵入などの対策にもなっています。その右手に進むとエレベーターホールがあり、中低層階と高層階の2種類のエレベーターが備わっています。

隅田川と都心が見渡せる35階の角部屋

「プラザタワー勝どき」の35階の角部屋から見える風景

右手には東京タワーと浜離宮、隅田川を望む

最初に案内してもらったのは、35階の2LDKの部屋です。角部屋だったのですが、その方向はちょうど隅田川が東京湾にそそぐ方面に開けているので、とてもダイナミック!ずっと眺めていても飽きません。

17畳ほどのリビングダイニングと、7畳強の主寝室のどちらも、その方角に窓があるのがとても気に入りました。浜離宮と東京タワーのコラボレーションは本当にステキです。

「プラザタワー勝どき」の収納たっぷりのキッチン

これだけ入れば充分!

また、バスルームにも窓がついていて、景色を楽しめながら入浴できるのも大きなポイントです。収納たっぷりのキッチンのシンクがディスポーザー付きなのが嬉しいですね。

全体として、収納部分はごく普通の設えという印象ですが、とにかく眺望の良い部屋なのが特徴で、もうひとつある5畳ほどの洋室にはバルコニーが備わっているので、ここからも景色を堪能できます。

見学した「プラザタワー勝どき」の35階の間取り図

見学した35階の部屋の間取り図

広いバルコニーが気持ちいい!42階の部屋

「プラザタワー勝どき」の42階から見える風景

この景色!お台場が一望できます

次に内覧させていただいたのは、さらに上階にある42階の2LDKの部屋です。「プラザタワー勝どき」は43階建てですから、ほぼてっぺんの部屋ということで、こちらもどんなに良い眺めだろうとワクワクしながら入室。

玄関正面の10畳ほどのリビングダイニングに直行すると、3部屋にまたがる広いバルコニーの向こうには、お台場の景色がパノラマで広がっています!

さきほどの、隅田川&都心側の景色も良いのですが、お台場のさらに向こうは東京湾が広がって見えるため、スケール感はこちらのほうが大きいですね。

「プラザタワー勝どき」のベランダから景色を眺める

思わずベランダで景色にみとれてしまった…

前述のように、2LDKのすべての部屋からバルコニーに出られるので、どの部屋にいても景色が楽しめるというのが、この部屋最大のメリットといえるでしょう。

見学した「プラザタワー勝どき」の42階の間取り図

見学した42階の部屋の間取り図

内見の感想

海の見える景色が好きなわたしにとって、都心にも激近な勝どきは文句なしの立地です。すぐ近隣に100年の歴史をもつ公立小学校があり、「プラザタワー勝どき」を訪れたときがちょうど下校時刻ということもあって、何人かの児童が帰宅するシーンにであいました。

不動産会社の方に訊いたところ、ファミリー層に人気のあるマンションということでした。このあたりは、近年そうした層に人気があるようで、街にも活気があるように思います。

居住エリアとしても良好なうえ、こんな景色で毎日を送れるなら、高級賃貸マンションに住む価値はあるといえそうです。

【免責事項】
このサイトに掲載している情報は、2016年5月に個人が独自に集め作成したものです。
情報は更新されることが予想されますので、かならず公式サイトをご確認ください。